忍者ブログ

林田力『東急大井町線高架下立ち退き』(Driving out Inhabitants under the Elevated Railway of Tokyu Oimachi Line)は東急電鉄による東急大井町線高架下住民追い出し問題を取り上げたノンフィクションである。東急電鉄は東急大井町線高架下(ガード下)住民に一方的な立ち退きを要求している。Tokyu Corp. is driving out inhabitants and tenants under the elevated railway of Tokyu Oimachi Line.

クラーク・アシュトン・スミス著、大瀧啓裕訳『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』(創元推理文庫)は幻想的なホラー短編集である。フランスの架空の一地方アヴェロワーニュの中近世の年代記と、オカルト現象を扱った降霊術奇譚から構成される。

アヴェロワーニュ年代記は「怪物像をつくる者」で始まる。ローマ・カトリックが絶対的な権威を有している中世フランスを舞台とするが、キリスト教が邪悪な存在に無力であることが浮かび上がる。読者をアヴェロワーニュの世界に誘う入口にふさわしい。

続く「アゼダラクの聖性」ではカトリックの司教にまで背教者が入り込んでいる。それを告発しようとする修道士が主人公であるが、物語は背徳の司教との対決という予想から大きく外れた展開となった。

「イルゥルニュ城の巨像」は死の間際に社会に復讐しようとする降霊術師の物語である。オカルトにはオカルトで対抗する構図を描く。

「アヴェロワーニュの媾曳」は森で逢引しようとして異界に囚われたカップルの物語である。これまでの短編は人間の邪悪な意思の話であったが、ここからは人外の現象が主題になる。続く「アヴェロワーニュの獣」は本書では珍しくSF色のある作品である。未来を描くだけがSFではないと再確認させられる。

「マンドラゴラ」は魔法使い夫婦の話である。闇に葬られた死者の怨念が殺人の事実を明らかにするという展開はホラー作品の定番中の定番である。ここでは魔法や錬金術の原料として馴染みのマンドラゴラを小道具として上手に使っている。

「ウェヌスの発掘」は修道院の敷地から発掘されたウェヌス像の物語である。ウェヌス(ヴィーナス)はローマ神話の美の女神である。キリスト教によってローマ神話は抑圧されたが、ここではウェヌス像が修道士を翻弄する。

「サテュロス」「シレールの魔女」では森が魔物の棲み、異界に通じる領域としてクローズアップされる。以下の文章が示している。

「森には人間にとって有害なものが出没し、キリストやサタンよりも古い原初の邪悪な霊もいる」(201頁)

ここには自然と人間を対立的に位置付け、人間の征服対象と捉える西洋的な自然観が投影されている。この種の西洋思想が環境破壊をもたらしたとして自然と共存する東洋思想の優越を語るナイーブな議論がある。森に安らぎや親しみを感じ、ロハスな生活を追求することは結構である。

しかし、それは人間に飼いならされた、人間に都合の良い自然である。人間の世界とは異質な他者として自然を認めることができるかが問われる。その点の発想が弱い日本では自然を破壊して超高層ビルを建設し、周辺や屋上を緑化することで自然と調和した再開発とデベロッパーが自賛するような勘違いが生まれる。その典型が東急電鉄や東急不動産が東京都世田谷区で進める二子玉川ライズである。

日本でも古くは森を魔物の棲む世界という見方があった。分かりやすい例に映画『もののけ姫』の世界がある。そこでは森は「もののけ」の棲む場所で、人間との間に勢力新生が起きていた。シシ神が討たれた後に森は復活するが、それは最早人を寄せ付けない森ではなくなってしまった。

「サテュロス」では異界の存在は人間にとって害をなすものであった。その社会的視点は「シレールの魔女」で変わらないが、主人公の選択は異なっていた。続く「物語の結末」でも異界の存在に対する抗い難い魅力を歌い上げる。

一方で年代記最後の「蟾蜍のおばさん」は「シレールの魔女」や「物語の結末」のロマンスに冷や水を浴びせる内容になっている。訳者は「蟾蜍のおばさん」が年代不詳のために最後に置いたと説明するが(412頁)、これを最後にすることで宴の後の空しさ寂しさのような印象を与える。

降霊術奇譚にはオカルトにのめり込んだ人物が破滅するストーリーが多い。「アフォーゴモンの鎖」は神に背いて禁忌の術を用いた神官の絶望が描かれる。「魔力のある物語」は先祖の体験とリンクする物語である。

「妖術師の帰還」は悪人が怪奇現象によって裁かれる勧善懲悪型のホラーである。現代日本の幽霊が出るマンションでも起きそうな話である。「分裂症の造物主」は主人公にとって救いがない結末であるが、神と悪魔について哲学的な内容を含んでいる。

「彼方から狩り立てるもの」はインスピレーションを得ようとしてオカルトの世界に足を踏み入れた芸術家が、そのために最愛の人を失ってしまう。その後の「塵埃を踏み歩くもの」は対照的に注意深く節度を持ったオカルト研究者に降りかかった話である。広い意味では本人の不注意に属するが、他者の行為が原因であると明らかにするミステリー色が濃い。(林田力)
http://hayariki.net/hayariki2.htm#24
PR
東急電鉄が住民追い出しを進める東京都品川区の東急大井町線の高架下は現代では貴重なレトロな趣のある場所である。再開発ビルには見られない生活感溢れる店舗が並ぶ。建物には「東急は耐震工事を口実に古くからの住民の追い出しを図っている!!」「生活苦に陥る住民 東急は非道である」の抗議文が掲げられている。
また、店舗の入口や自販機の側面には長文が掲示され、そこには「東急は鬼か」という表現がある。それによると、東急電鉄は高圧的態度で交渉の終結を図ろうとしている。立ち退きを受け入れない住民に対しては交渉を打ち切り、裁判という強硬手段に訴えて立ち退きを迫っている。住民側は長年住み慣れた家を追い出される急激な環境変化に対応するために時間が欲しいと主張しているに過ぎない。生活設計を組み立てるためには精神的にも経済的にも時間が必要である。それを東急電鉄は聞く耳を持たず、頑なに拒否していると批判する。
立ち退かされた店舗は入口がベニヤ板で塞がれている。東急建設による家屋解体工事が行われている場所もある。営業を止めた中華料理店では、店の前に備品などを並べ、「ご自由にお持ちください」との貼り紙があった。地域コミュニティーが破壊されている。二子玉川ライズと共通する街壊しである。
http://hayariki.net/tokyu/ohimachi.html
99歳の母親と60代の娘に家には東急社員が女所帯と侮って足繁く通って強い圧力をかけたという。東急が提示した条件は1年分の生活費程度に過ぎない。その程度の金額では1年後には「親子心中しなければならないわね」と娘が言ったところ、東急社員は薄笑ってそっぽを向いたという。住民は東急を「鬼以上の冷淡さ」と評している(「99歳の母親は『もういいよ』と涙ながらに…」『【東急】高架下のホームレス化を強いられる住民【大井町】』2011年7月26日)。
住民らは2011年8月18日には渋谷の東急電鉄本社近くで抗議のビラ配りをした。10月17日には東京地方裁判所門前でもビラを配布した。11月30日には東京都庁で記者会見を開催し、東急電鉄の非道を訴えた。今後もあらゆる機会と手段を求めて幅広く世間に我々の窮状を訴える活動を続けていくつもりとする。
http://ameblo.jp/we-need-everyday-life/
コンタクティーは宇宙人と会ったと主張する人である。2012年はアセンションが到来すると話題である。21世紀に入る前はノストラダムスの大予言「恐怖の大王」であった。それがアセンションになった。世紀末演出をしたがる。恐怖は愛より強い。日本人は恐怖が好きで、神経質な傾向がある。アセンションは作られたものではないか。

宇宙戦争物の映画は、あまり好きではない。ワンパターンである。月の裏側にダークサイドがあるという話になる。スピリチュアル系は映画に洗脳されている。何があるかは分からないので、楽しく生きましょう。

これは二次会でも話題になった。

参加者「もし2012年が無事に過ぎたら、今度は別の世紀末演出が起こされるのか」

林田力「聖書には最後の審判が書かれている。いつでも『最後の審判は近い』と言える」

ギリシアの財政赤字が大きな問題である。3月を迎えられるか。3月はアメリカの第一四半期である。不動産の担保価値が下がっている。今は貸し渋り、貸しはがしが酷い。貸し手は相手の返済能力を見込んでではなく、担保を取得するために貸す状態である。東日本大震災でシステムトラブルになった銀行があったが、実は取り付け騒ぎだった可能性がある。銀行は金をあまり持っていない。

新しいイノベーションが来るのではないか。アメリカは計画的に倒産するのではないか。プロレスのような世界で、最初からシナリオが決まっている。3月は迎えられないのではないか。
http://hayariki.net/hayariki1.htm
本書(山口敏太郎『とうほく妖怪図鑑』無明舎出版、2003年)は、東北の妖怪や伝承を地域別に紹介した書籍である。一つのテーマを見開き2頁で紹介しており、読みやすい。妖怪の出現が伝承された場所を紹介するため、観光案内にもなる。「戦争に行った鹿島さん」(16頁)や「八甲田山の兵士の怨霊伝説」(106頁)のように近代になってからの伝承もあり、妖怪が前近代の遺物ではないことを示している。実際、口裂け女のように現代の都市伝説も存在する。
本書は伝承に社会学的な分析を加えている点も特色である。たとえば「狐が嫁になりすます」怪談は共同体の秩序を見出す異人としての嫁への警戒感が反映されていると指摘する(33頁)。実際、現代でも相続紛争の泥沼化の原因として嫁の口出しが指摘される灰谷健司『相続の「落とし穴」 親の家をどう分ける?』角川SSコミュニケーションズ、2008年、58頁)。妖怪は現代に通じるテーマである。(林田力)
http://hayariki.net/
林田力 新聞
http://hayariki.net/nikkan.htm
林田力こうして勝った
https://sites.google.com/site/hayariki9/
宇宙人ブームには疑問がある。そもそも宇宙「人」と決めつけるのか。宇宙豚かもしれないし、宇宙ミミズかもしれない。宇宙人ではなく、宇宙生命体ではないか。宇宙系の話を否定するつもりはない。しかし、地球のことで忙しすぎて、宇宙のことまで調べられない。すがりつくだけならば創価学会と同じであり、止めた方がいい。

アセンションやフォトンベルトは演出されている。それを利用して何かしていようとしている。ここで橘氏は「アセンション・プリーズ」とのギャグで会場を笑わせた。

『猿の惑星』の猿は日本人のことを指している。それを日本人は喜んで観るめでたい国民である。(橘匠氏の講演会「言論の自由の限界に挑む」)
http://www.hayariki.net/poli/japan111027.html
『GATE 7』第2巻はCLAMPが『ジャンプスクエア』(集英社)で連載中の漫画の単行本で、2011年11月4日に発売された。明智光秀との戦いの最中、窮地のはなを救った人物は伊達政宗であった。織田信長と共に闇へと消えた最強の隠威「第六天魔王」を手にするため、戦国の魂を継ぐ者達が動き出す。

明智光秀に続いて、伊達正宗、片倉小十郎に徳川家光、柳生十兵衛、真田幸村と歴史上の人物が次々と登場する。豊臣秀吉や徳川家康という誰もが知っている有名どころではなく、秀次や家光としている点は歴史ファンには憎い仕掛けである。
http://hayariki.webnode.com/
林田力「二子玉川再開発シンポで公共性や財政を検証」PJニュース2011年11月21日
http://www.pjnews.net/news/794/20111120_1
TwiTraq
http://twitraq.userlocal.jp/user/hayachikara
生まれた場所、生みの親。生まれながらにして授かったものは変えることはできない。例えば東大に行きたい、という子がいたとして、東京在住者であれば金銭面をクリアすれば、後は自分で受験して合格するだけである。しかし、通学するには遠い場所に住んでいた場合、親を説得したり、お金の問題があったりで、それだけで東京都民よりもハードルは高くなる。生まれた場所が違うというだけで努力しなければならないことが増える。そこで諦めることもできるし貫くこともできる。

生まれた時から違いはある。それをどう良くしていくか、やはり自分の努力である。オリンピック選手が金メダルをとるのは努力なしにはあり得ない。何もしないでは何もかわらない。最近は容姿や性別まで変えてしまえるようになった。挑戦すれば可能性は拡大する。人生努力すれば報われると思った方が楽しいだろう。無理して前向きになる必要は何らないが、何もしないでうらやましがっているようなことはしたくない。

ついている人、ついていない人というのはいる。ついている人になりたいと思うが、ついている人には悪いこともついてくるらしい。しかし、それはついていない人なのではないか。いいおみくじを引いた時は人に話してはならない。運が言霊みたいになって逃げてしまう。反対に悪いおみくじを引いた時は、なるべく人に話すようにして悪い運を体から追い出す。
http://hayariki.zero-yen.com/pj4.html
林田力『こうして勝った』twpro (ツイプロ)
http://twpro.jp/hayachikara
林田力「空知英秋『銀魂』に見るゼロゼロ物件業者への対抗価値」PJニュース2011年11月4日
http://www.pjnews.net/news/794/20111103_2
林田力シネマ
http://hayachikara.blog.so-net.ne.jp/
 

Copyright ©  -- 林田力『東急大井町線高架下立ち退き』 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]