忍者ブログ

林田力『東急大井町線高架下立ち退き』(Driving out Inhabitants under the Elevated Railway of Tokyu Oimachi Line)は東急電鉄による東急大井町線高架下住民追い出し問題を取り上げたノンフィクションである。東急電鉄は東急大井町線高架下(ガード下)住民に一方的な立ち退きを要求している。Tokyu Corp. is driving out inhabitants and tenants under the elevated railway of Tokyu Oimachi Line.

二子玉川ライズ飛び降り自殺は龍神の祟りか
東京都世田谷区の超高層マンション「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」で起きた飛び降り自殺が龍神の祟りであると近隣住民の噂になっている。
http://hayariki.jakou.com/pj4.html
飛び降り自殺当時の「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」は竣工したばかりで、未だ販売中の住戸も多い。「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」は内装や植栽がイメージ写真とあまりに違うために話題になった。

飛び降り事件当時、何かが落ちたような不気味な鈍い音を聞いた住民もいる。夜中の11時くらいに救急車やパトカーがサイレンを鳴らして到着するなどの騒ぎになっており、多くのマンション住民や近隣住民の知るところとなった。また、事件後しばらくは現場に飛び散った血痕やタイルの破片が残されており、目にした住民も多い。

デベロッパーや管理会社は事件を公表していないが、人の口に戸は立てられない。インターネットの検索エンジンでマンション名を入力すると「飛び降り」などの不吉なキーワードがサジェストされるほど拡散した。購入を見合わせた検討者も存在する。
http://www.facebook.com/riki.hayashida

ある近隣住民は「龍神の祟りではないか」と語る。「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」は人工地盤の上に築かれている。周辺住民からすればマンションの敷地自体が巨大な壁になる。これは集中豪雨時などに雨水を堰き止め、周辺被害に洪水被害をもたらすとして周辺住民から反対運動も起きている(林田力『二子玉川ライズ反対運動』)。

一方で水の通り道を堰き止めるために龍神の怒りもかったのではないかと前述の住民は説明する。この土地では過去にも龍神の怒りが伝えられている。マンション建設地の近くには1960年代まで池があったが、宅地拡大などを理由に埋め立てられた。ところが、埋め立て後に火災などの災害が相次いだ。その後、地元の古老の夢枕に龍神が現れ、「小さな祠に祀ってほしい」と告げたため、龍神を祀る祠を建てたという。

加えて二子玉川ライズの建設工事着工と前後して、デベロッパーの創業者一族の一人・五島哲が59歳で急死した。五島哲は宿泊先のホテルの浴槽で死亡しているところを発見された。浴槽という水に縁のある場所で死亡していたことから、これも龍神の祟りではないかと住民は分析する。

そのマンションでは夜中に何かが階段を一段ずつ転がり落ちていくような特異な音を耳にした住民もいる。霊感の強い近隣住民はマンションの敷地に入ると、正常な馴染み深い世界から唾棄すべき世界、尋常ならざる驚異の土地に入り込んだ気がするという。マンションを検討する際は祟りの有無も調査した方が良い。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 管理人のみ閲覧
 
Copyright ©  -- 林田力『東急大井町線高架下立ち退き』 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]