忍者ブログ

林田力『東急大井町線高架下立ち退き』(Driving out Inhabitants under the Elevated Railway of Tokyu Oimachi Line)は東急電鉄による東急大井町線高架下住民追い出し問題を取り上げたノンフィクションである。東急電鉄は東急大井町線高架下(ガード下)住民に一方的な立ち退きを要求している。Tokyu Corp. is driving out inhabitants and tenants under the elevated railway of Tokyu Oimachi Line.

『ハリー・ポッター』オカルティズムが文学を豊かに
J.K.ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズは、少年ハリー・ポッターの魔法使いとしての冒険や成長を描く。『ハリー・ポッターと賢者の石』から『ハリー・ポッターと死の秘宝』までの全7巻である。
子どもの活字離れに歯止めをかけたベストセラーとして話題になった『ハリー・ポッター』の魅力は語り尽くされているため、ここでは異なる点を指摘する。それは土着の神話に因む架空生物や魔法などが多数登場する点である。厳格な唯一神信仰のキリスト教世界では土着の神話は長らく日陰者の扱いを受けてきた。しかし、神話の世界には文学のネタが豊穣である。『ハリー・ポッター』が堂々と取り上げたことは、一部の宗教界からは批判があるものの、文学の可能性を広げるものである。
『ハリー・ポッター』シリーズは映画も原作の雰囲気に忠実であるが、神話関連のネタは想像力で補いながら活字で読み進めることで味わい深くなる。特に日本語版では賛否両論あるものの、スネイプ先生が「吾輩」(原文はI)と話し、「inn」を「旅籠」、「writing desk」を「文机」とするなど古色蒼然とした感があり、古き魔法世界を堪能できる。これは魔法学校にアフリカ系の生徒がいるなど現代英国事情が反映された映画とは対照的である。好き嫌いは分かれるだろうが、日本語版には日本語版の魅力がある。(林田力)
http://hayariki.webnode.com/
安くてボリューム満点の渋谷のランチ
http://www.hayariki.net/cul/food.htm
林田力「世田谷区が実施計画・行政経営改革計画にパブコメ募集」PJニュース2011年10月25日
http://www.pjnews.net/news/794/20111023_1
SENZ Umbrellas センズ アンブレラ XL ブラック SZ-003BK
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B002JCWWKI
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 管理人のみ閲覧
 
TRACKBACK

トラックバックURL

Copyright ©  -- 林田力『東急大井町線高架下立ち退き』 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]