忍者ブログ

林田力『東急大井町線高架下立ち退き』(Driving out Inhabitants under the Elevated Railway of Tokyu Oimachi Line)は東急電鉄による東急大井町線高架下住民追い出し問題を取り上げたノンフィクションである。東急電鉄は東急大井町線高架下(ガード下)住民に一方的な立ち退きを要求している。Tokyu Corp. is driving out inhabitants and tenants under the elevated railway of Tokyu Oimachi Line.

カテゴリー「林田力」の記事一覧

東急電鉄が写真を無断使用した。東急電鉄は2017年10月13日、一般人がインターネットのブログに掲載していた写真を無断で広報資料に使用していた(「使用許諾を得ていない画像の無断使用について(お詫び)」2017年10月13日)。撮影者本人から指摘を受け、無断使用が発覚した。
問題の写真は東急大井町線の急行列車の写真である。急行列車が6両から7両に変更することを知らせる広報資料「大井町線急行列車の7両編成化と新型車両6020系の導入」に使い、10月12日に報道機関に配布し、ホームページにも掲載した。
自社の車両の写真を自分で撮らず、他者の写真を使うことは粗末である。東急電鉄の広報担当には知っていて当たり前の常識がない。
東急電鉄は撮影者に謝罪し、写真を差し替えたが、それだけでは不十分である。無断使用したのだから、無断使用料を上乗せで使用料を支払うべきである。露見しなければそのまま、発覚すれば形式的な謝罪で済むと思っているのか。このままでは近いうちに福知山級の大事故が起きるのではないか。Twitterには以下の指摘がある。
「東急エージェンシーって広告会社抱えてるんだから交渉くらいできたんじゃないの? 身内の広報すら問題起こすようじゃもう落ち目なのかな」
「謝罪ではなく、お金を払ってほしい。謝罪するというなら、無断利用として通常より高い代金を支払えば、撮影者も報われ企業への印象もよくなる。この程度のお金をけちっているような会社に投資できるだろうか」
同じグループの東急不動産は江東区東陽で不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。マンションをだまし売りするような企業グループだから、他人の権利も無視する。東急の体質が現れている。強盗(五島)慶太以来の伝統か。東急グループらしい事件である。これが東急クオリティーである。
無断使用に対する東急電鉄の言い訳には説得力がない。「リリース作成中に仮の画像として、ブログの写真を掲載。発表前に差し替える予定だったが、差し替え忘れたという」(「東急電鉄、ネットで拾った写真を広報資料に無断使用 撮影者の指摘で差し替え」ITmediaニュース2017年10月13日)。
仮の画像を何故、他者のブログから引っ張ってきたのか説明になっていない。他人のブログから写真を盗んで自社の公開資料に貼り付ける行為をミスと言うのか。故意の行為にしか見えない。ここは東急不動産だまし売りと共通する。
Twitterでは本社・間接部門と現場・直接部門の対立という視点の分析もある。「さすが東急電鉄。本社の人間ってクズが多いんだな。特に現場なんか知らないとか言って、ずーーっと本社にこもってるやつ」。間接部門が現場を知らず、本社から一歩も出ないから車両の写真も自前で用意できないのではないか。

「東急電鉄、ブログの写真を無断使用…男性に謝罪」読売新聞2017年10月13日
「東急電鉄、列車写真を無断使用 一般人のブログから転用」朝日新聞2017年10月13日
「東急電鉄 一般の人の写真を無断使用」NHK 2017年10月13日

PR
東急東横線では2017年9月22日午後1時半頃、和光市発元町・中華街行き普通電車で窓ガラスにひびが入った。乗客が発見し、非常通報ボタンが押された。電車は菊名から妙蓮寺の間を走行中で、2号車の窓ガラス(縦約95センチ、横約130センチ、厚さ約7ミリ)の全体がひび割れていた(「電車の窓相次ぎ破損 JRと東急で乗客にけがも」カナロコ2017年9月22日)。この電車は安全のために妙蓮寺駅で運転を打ち切り、すべての乗客を駅に降ろした(「東急東横線で走行中の電車の窓ガラスにひび 横浜」NHK 2017年9月21日)。
入院中の患者の虐待と佼成病院裁判
入院中に付き添いの親から骨を折られるなどの虐待を受けた疑いのある子どもが全国の病院で少なくとも65人いたことが、小児科医で作るグループの調査で判明した。全国の小児科医などで作るグループが2017年1月までに全国900か所余りの医療機関を対象に実施し、約半数の454施設が回答した。
子どもに直接的な危害を加えた具体例として「母親が子どもの点滴に排泄物や異物を混入していた疑い」という回答が寄せられた。子どもに必要な医療を受けさせなかったという事態も起きている。
この問題は立正佼成会附属佼成病院と重なる。立正佼成会附属佼成病院では高齢患者(母親)の長男が、医師の許可なく勝手に母親の経鼻経管栄養の流入速度を速めました。その後、母親は嘔吐して誤嚥性肺炎になった。家庭内の虐待には児童虐待だけでなく、高齢者虐待もある。
子どもの虐待を調査した医師は以下のように指摘する。国保旭中央病院の仙田昌義医師「入院中の虐待は予想以上に多かった」(「子どもの点滴に排泄物混入… 保護者から虐待、院内でも」朝日新聞2017年7月21日)
前橋赤十字病院の溝口史剛医師「今回の調査結果は氷山の一角にすぎず、病院も決して安全な場所とはいえない。児童相談所は積極的に子どもを保護し、病院側も虐待のリスクがある場合は、病棟の看護師などによる監視を強化するべきだ」(「入院中に虐待受けた疑いのある子ども 65人」NHK 2017年7月21日)
病院にとって点滴は当然管理しなければならないものである。横浜市の大口病院では点滴への異物混入で、患者が相次いで中毒死した。北九州市の産業医科大病院や下関市の森山病院では点滴袋に穴が開けられた。この問題は2016年12月16日の日本海賊TV「金八アゴラ」で取り上げた。
佼成病院裁判の東京地裁判決は被告長男が経鼻経管栄養の注入速度を速めたことを違法とした。一方で判決は被告長男が経管栄養の注入速度を速めることを佼成病院が予見することは不可能であったとするが、病院が管理していないことが問題である。佼成病院裁判は、2017年7月31日(月)午後1時10分から東京高裁424法廷で判決が言い渡される。
http://www.hayariki.net/poli/
希望のまち東京in東部読書会第25回「緑の資本論・マルクスの精霊」
希望のまち東京in東部は2016年12月24日(土)、読書会第25回「ドナルド・トランプ」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。中沢新一『緑の資本論』を取り上げた。中沢新一氏のマルクスの読み方は一般的な理解との乖離がある。資本論の引用箇所と順番には意味があり、それが宗教学者故ということに着目する。定説と異なる主張をすることは面白い。しかし、定説のように断言してしまう点はミスリーディングである。
守銭奴と資本家は異なる。守銭奴は金をためる。資本家は投資してリターンを求める。イスラムが資本主義の対抗軸になるとまで言えるか。一つの対抗軸にはなる。マルクスは消費についての議論が弱い。労働者を消費者として書こうとはしていた。視点はあったが、書けなかった。関心の中心が違っていた。マルクスの表現は文学的、ロマンチックである。そこに中沢新一氏がかみ付く余地が生まれる。マルクスは学者である。
貨幣は取引の道具であった。ところが道具そのものが価値を生んでいく。錬金術と同じである。マルクスと精霊は中沢氏でなければ結び付けない議論である。搾取の話は中沢さんの議論では出てこない。貨幣が資本に変わるという話をしている。搾取は、その先の話である。
クリスマスはキリスト教がヨーロッパに行き、現地の風習と結合して成立した。欲望を是としない禁欲的な発想は資本主義の対抗になる。今の日本の若年層にはミニマリスト、物を持たない生活に惹かれる人が増えている。バブル経済を知らない世代である。
中東のマーケットは大量生産大量消費のアメリカ型マーケットとは異なる。一個一個の商品の個別性が高い。資本主義の定価商品販売に慣れていると、中東の市場は怪しく感じる。信頼で取引する。相対取引のレベルである。一見さんは、ぼったくられる。それを楽しむくらいにならないと。
大航海時代で航海終了後に清算するために簿記が発達した。最初の投資者は国王だった。イギリスやオランダになると国王が特許会社を認めて商人が出資した。経済学と商学は異なる。社会主義者であっても商学を蔑ろにしてはならない。マックス・ウェーバーは優れた社会主義者であった。
グローバル経済の前にはイスラム経済は対抗軸にならないのではないか。アラブ経済も石油なしでは語れない。ドバイは資本主義の権化のような街である。イスラムの貧困と現代日本の貧困ビジネスの貧困を一緒にできない。
市区町村が生活保護費から家賃を天引きしやすくする制度を導入する。家賃の滞納を心配し入居を嫌う大家に安心してもらう狙いがある。ゼロゼロ物件や脱法ハウスのような貧困ビジネスを排除することが大前提である。
貨幣は交換の中で増えていく。価値のあるものが貨幣である。塩や水や金である。後に貨幣が価値の尺度になる。商品と貨幣が切り離されていく。経済が爆発的に広がると貨幣も爆発的に広がる。初めから貧富はあった。その頃の貧富は支配するものと支配されるものの関係であった。資本主義社会になって富を持つ者と持たざる者の関係が生じた。
金融資本主義は労働がない。金が金を生む。生産過程がない。実体経済がない。バーチャルな経済でしかない。バーチャルであると自覚していてもストップできていない。おかしいと声を上げる必要があるのではないか。資本主義はブレーキを失った。
神は実態を考えることはできる。精霊は実体がない。キリスト教の文芸は精霊の話ばかりである。精霊は使い勝手がいい。際限なき増殖になる。良い悪いではなく、それが現実である。金は増殖しない限り意味がないという話になっている。中国でさえ経済発展しなければ体制が崩壊する。資本主義を批判するイスラム教は社会主義体制の敵にもなる。
社会主義体制は人類の最終形態ではない。どうして社会主義体制が崩壊したかを真面目に考えなければならない。最先端の資本主義社会ほど精神病が蔓延している。精神疾患が増えている。
日本ならば仏教を見直して本当の意味の保守思想を考える。保守思想を嫌ったり、決め付けたりしない。良い価値観を取り込んで、どんどん変わっていく必要がある。日本の労働運動が強かったと見られる時代に内部では阿呆らしいことをしていた。敵と味方を分け過ぎている。これからナショナリズムが高まることは必然と考える。
貧富の問題というと「貧」を何とかしようと考えがちであるが、「富」も問題である。おかしいから富者になったのか、富者だからおかしくなったのか。孫正義を誉めている人が多いが、おかしいと思っている。
金を使う動機付けが発生していない。資金供給を増やしても需要がなければ借り手は増えない。借り手はバランスシートを考えて借金を減らそうとする。そこを量的緩和は考えていない。ケインズ経済学は時代遅れではないか。それにもかかわらず、「東京オリンピックの夢をもう一度」と土建国家を進めている。
神社が好き。鳥居に入ると次元の違いを感じる。バリアが張られた感じである。寺は檀家制度ができて駄目になった。戸籍制度という支配の手段になった。
http://www.hayariki.net/tobu/
東急プラザ銀座は爆買い終了で閑古鳥が鳴いている。Googleで「東急プラザ銀座」を検索すると、「閑散」や「閑古鳥」がサジェストされる。東急プラザ銀座の衰退はGINZA SIX(GSIX)によって一層進むだろう。GINZA SIXは2017年4月20日に松坂屋銀座店跡地に開業予定の商業施設である。J.フロント リテイリング株式会社らが進める。J.フロント リテイリングは大丸と松坂屋ホールディングスの共同持株会社である。
GINZA SIXは訪日外国人需要を狙う点で東急プラザ銀座と被る。東急プラザ銀座よりも優れている点を二点指摘する。第一にGINZA SIXは観光バスの乗降場を整備する。「銀座では観光バスの乗降場が不足していただけに利便性が高まりそうだ」(「<銀座>大型施設、来春開業 「GSIX」訪日客狙う」毎日新聞2016年10月27日)。
第二にGINZA SIXは能楽最大流派・観世流の拠点「観世能楽堂」を設け、日本の伝統文化を世界に発信する。韓国企業の免税店を核テナントにする東急プラザ銀座とは大違いである。日本で買い物したい外国人観光客に韓国企業の店で買い物させることは、ある意味で観光客を馬鹿にする所業である。
東急プラザ銀座の日本文化と言えば和紙のテナントがある。しかし、東急の商業施設では安心できない。東急グループには和紙の起源を韓国と歴史捏造した過去があるためである。東急百貨店たまプラーザ店は2012年3月29日、コリアンハンドメイド展の新聞折込広告に「日本の和紙のルーツである韓紙」と記載した。東急グループが日本文化を紹介すると韓国起源にされてしまう懸念がある。
http://www.hayariki.net/tokyu/ginza.html
日本海賊TVで東急プラザ銀座問題
http://www.hayariki.net/tokyu/ginza2.html
FJネクストの投資用マンション「ガーラ・グランディ木場」(江東区東陽)は問題だらけである。買ってはいけないガーラ・グランディ木場。ガーラ・グランディ木場をボイコットしよう。
第一にガーラ・グランディ木場は境界スレスレに建設する悪質マンションである。隣の住宅との境界線ギリギリに建築し、日照と風とプライバシーを奪う。境界スレスレの高層マンション建設は災害時の危険性がある。戸建て建築と高層マンションは同一視できない。
第二にガーラ・グランディ木場は戸建て住宅が並ぶ中で突出した高さであり、住環境を破壊する。低層住宅地に面した高層マンションは住環境を破壊する。既存住民の生活環境を破壊する。
第三にガーラ・グランディ木場は既存住宅の窓と同じ場所に窓を設置し、住民のプライバシーを侵害する。
第四にガーラ・グランディ木場は自然を破壊する。都市部に残る貴重な樹木を伐採して建築された。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。
第五にガーラ・グランディ木場は投資用ワンルームタイプが中心である。投資用ワンルームマンションは街のスラム化を招く。これは犯罪が起きやすい環境であり、風俗を乱す。ワンルームマンションは規制される傾向にある。
第六にガーラ・グランディ木場の工事は雑である。ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で工事を続けた突貫工事である。突貫工事は建物の品質もいい加減になる。解体業者はアスベスト飛散事故の環匠である。
第七に販売方法が問題である。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。
ガーラ・グランディ木場問題は特異な問題と片付けてはならない問題をはらんでいる。ガーラ・プレシャス東麻布など他のFJネクストの悪質マンションとの共通点も多い(林田力『FJネクスト迷惑電話3ガーラ・プレシャス東麻布不買』枕石堂)。
http://hayariki.hatenablog.com/entry/2016/06/01/211315
ガーラ・グランディ木場不買運動
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/2021670.html
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場の粗末な仮囲い
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html
FJネクスト ガーラ・グランディ木場反対 迷惑電話
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
世紀東急工業ら震災復旧談合で独占禁止法違反
公正取引委員会は2016年8月1日、世紀東急工業らに対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)で排除措置命令を出す方針を固めた(「震災復旧談合の5社、課徴金5億円命令へ 公取委」朝日新聞2016年8月1日)。東日本大震災で被災した関東地方の高速道路の復旧工事の入札で談合したためである。公取委は2016年3月に同法違反容疑で立ち入り検査に入っている。震災復興を食い物にする悪徳建設会社である。
排除措置命令は世紀東急工業と共にNIPPOも対象になる。NIPPOは「ル・サンク」ブランドのマンションデベロッパーである。東急不動産と同じく住環境を破壊するマンション建設で住民反対運動が起きている(林田力『東急不動産だまし売り裁判51ル・サンク』Amazon Kindle)。
世紀東急工業は労災の虚偽報告で指名停止になっている。北海道開発局は2002年4月15日、同局が発注した工事で起きた労災事故で労働基準監督署に虚偽の報告をしたとして、東急グループの世紀東急工業株式会社など6社を1カ月間の指名停止処分とした(「労災の虚偽報告で6社を指名停止」日経コンストラクション2002年5月10日号)。
事故が起きたのは大野ダムから農業用水を供給するパイプラインを敷設する大野川注水工工事の現場。99年9月、作業員がクレーンで移動中だった敷き鉄板に接触し、右足を骨折した。ところが三次下請け会社の佐武は工事とは無関係の三浦建設などと共謀。作業員が工事とは三浦建設の資材置き場で負傷したという虚偽の報告を函館労働基準監督署に提出した。二次下請け会社の世紀東急工業は、この虚偽の報告を把握していなかったという。
Copyright ©  -- 林田力『東急大井町線高架下立ち退き』 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]